カテゴリー「映画・テレビ」の2件の記事

2009年12月 1日 (火曜日)

「沈まぬ太陽」見てきました!

今日はコスコジ火曜日でお休み。
ひとりモラージュ菖蒲に行って「沈まぬ太陽」を見てきました。
Image2621
この映画、渡辺謙さんが舞台あいさつで男泣きに泣いたというのをニュースで見てからすごく興味が湧いて「見たいなぁ」と思っていて、今日ちょうど今一人暮らしだしということで見てきました。

そしたら12月1日で”ファーストデー”とかで1000円でした。
すごいついてる!!

映画は3時間もあって途中休憩もある大作で、人生とは、男の生きざまとは、父親の生きざまとは、といったことをすごく考えさせられる映画でした。

盛り上がるクライマックスが最後に・・・という感じではないのですが、全編にわたってすごく深みのある、考えさせられる、素晴らしい映画でした。

特に男性、中でも子供のいる父親はみるべきだなと思いました。

その後、北本温泉「湯楽の里」でゆったり温泉につかってきました♪
平日の夕方だったのでガラガラで貸し切り状態でした。
ついてる!

そして体重測ったらなんと61kg!!またちょっとやせた。
昨日牛角で結構食べたので、今日朝昼抜いたからから。
それにしてもここ10年で一番少なくなってます。
これくらいでキープできればいいのですが・・・

でもさっき夜ごはんがっつり食べたから63kg位になってるかな??

そんなわけでこれから少し仕事して、DVDに録画した坂の上の雲を見て寝ます。
今日も最高です。よっしゃーーー!!

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水曜日)

ブルースリー「燃えよドラゴン」

小阪先生も推しているブルースリーの「燃えよドラゴン」という映画の完全版をゲオでレンタルしてきて見ました。

そのDVDにブルース・リーの15分くらいのインタヴューが収められているのですが、この中でのブルースリーの話がすごい!!
格闘家というよりも哲学者ですね。
一人さんの「流れ」と通ずるような話もあって、むちゃくちゃメモしてたらすごいメモしちゃってました。

せっかくなのでご紹介します!

・すべての知識は最終的には自己認識につながっていく。
・格闘技の形で自分を表現する芸術、それを弟子たちに教えている。
・私は特定の流儀は教えない。2本の腕と2本の脚、それを最大限に使う工夫をすればいい。その動きの中でどう自己表現できるかだ。
・自分を偽らず率直に表現すること、正直に自分を見せるのは実に難しいことなんだ。
・鍛練すれば拳に精神が宿るんだ、でなければ意味がない。全エネルギーをそれにつぎ込むんだ。
・好機が訪れても私は攻撃しない、流れに従うまでだ。
・(流儀について)創始者たちは試行錯誤で始めたのに、今では規格化されてしまい誰もが同じに出来上がる、まるで製品だ。
・流儀がなければ人間としてどうあるかが問題だ、どう自己表現するか、全体像をみせるか、すると、流儀そのものが存在しなくなる。 成長の一つの過程だからだ。
・本能と抑制のバランス
・自分らしさとは何か?大事なのは人生について考え理解することだ。だが悲しいかな人間というものは表面的なものに踊らされる。
・心を空にしろ形を取り去り無になれ 水のように 水は流れ水はぶつかる でも水になるんだ そしておごらずに流れ続ければいい。

いや~、今のビジネスにも通じる言葉ばかりですね。
ブルースリー、ますます好きになりました!

| | コメント (0)